Search
Produced by 松韻堂
松韻堂ドットコム
                
Category
                
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
清水焼 抹茶茶碗 源氏物語千年紀 総角 善昇再入荷しました。
清水焼抹茶茶碗 源氏物語千年紀 総角 善昇 


抹茶碗  源氏物語 総角ノ図 善昇はこちら


◆作品の魅力

京焼らしい華やかな色絵で描かれた源氏物語絵巻をどうぞ。
細密な絵付けを得意とされる人気の善昇作の作品です。
満開に燃えさかる季節は秋、総角の巻を繊細な筆使いで豪華絢爛に描きました。

■京都の秋
源氏物語千年紀、記念抹茶碗、 源氏物語第四十七帖で、宇治十帖の一つ 総角ノ図です。
総角の季節は秋。総角と書いて「あげまき」と読み、『源氏物語』五十四帖の巻の第47帖です。そして第三部の一部「宇治十帖」の第3帖にあたります。 ■宇治川の舟遊び
匂宮が宇治川に舟遊びや紅葉狩りを盛大に催して中の君に会おうとする様子が描かれています。
総角の巻名は薫が一周忌法要に事寄せて大君に詠んだ和歌「あげまきに 長き契りをむすびこめ おなじところに よりもあはなむ」(あなたが縒り結んでいる総角結びのように、あなたと私が長く寄り添えるようになりたいものだ)にという歌詞にちなんでそう名付けられました。

いづこより秋は行きけん山里の紅葉の蔭は過ぎうきものを ■手触り
人の手で形を出した形状は
丸味と指筋を帯び、手に優しく、しっとりとなじみます。

内側の渕に描かれた紅葉の葉。遠目から見ると正面の紅葉と重なりあって立体的に見える仕掛けになっています。
たかだが12センチの茶碗にここまで精緻に肉筆で日本画のように描き込むのは大変な作業だと思われます。
源氏物語千年紀を記念して口は本金が巻かれています。
高台。土みの高台脇には丸印の善昇の文字。角印より丸印のほうが格式高いようです。 ■図抜けた絵付け
赤や黄色のもみじ。葉脈までひとつひとつ肉筆で描かれています。
宇治川のさざなみや侍従まで細やかに表現されています。

春の桜とならび、秋の華、紅葉は源氏物語が総角を彩るテーマとして紅葉狩りの場面が鮮やかに描かれています。 ■源氏物語千年紀
平安時代、貴族たちはこの宇治の地の美しい景観に心惹かれ、別荘を設けて舟遊びや紅葉狩を楽しんでおりました。
いかにも源氏物語らしい絢爛豪華な王朝絵巻が京焼絵付師 山岡善昇氏のもと描き出されたのがこの抹茶碗 源氏物語 総角ノ図です。 【オススメのご用途】
◎秋のお茶会に
◎源氏物語ファンへのプレゼント
◎海外へのお土産
◎各種記念品として 上の写真はクリックすると大きくなります。
◆商品番号 891 抹茶碗 源氏物語 総角ノ図
■寸法 直径12cm×高さ7.5cm 重さ200g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。

陶歴 山岡 善昇
昭和17年 三重県に生まれる
昭和34年 京都府陶工訓練校卒
同年    上山善次郎にて10年間修業
昭和44年 山岡陶画苑として独立
師匠より 善昇(昇)の号を受る
平成2年  国際花と緑の博覧会90政府苑に出品
      京焼・清水焼展 入選3回
平成4年  92淡交ビエンナーレ茶道美術公募展入選
平成10年 京都色絵陶芸展にて京都市長賞を受賞

上絵陶芸展 知事賞 3回
      入選  10回
京都府工芸デザインコンクール 佳賞 3回
               奨励賞1回
               入選 5回

取り扱い方法

手洗い    ◎ 食洗機    × 乾燥機    × 電子レンジ × オーブン   × 直火     ×

posted by: sintyaku | 再入荷商品 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:28 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://sainyuka.jugem.jp/trackback/183
トラックバック