Search
Produced by 松韻堂
松韻堂ドットコム
                
Category
                
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
清水焼 抹茶碗 掛分光梅 考山入荷しました。
勅題茶碗,御題光抹茶茶碗


抹茶碗 掛分光梅 考山はこちら
◆作品の魅力

2009年歌会始の儀、御題光を描いた勅題茶碗。
初日の出をバックに新年を祝う花、梅を金彩で描きました。
黒地に白釉の掛け分け、華やかな金の絵付けの取り合わせが豪華です。
ざっくりとした土味。京焼らしからぬ、渋い茶碗の景色はお茶の緑と相性がいいです。

■御題 光
2009年歌会始の儀の勅題 光に
そって、初日の出と新年を祝う梅の花を描きました。
■金彩の梅
豪華絢爛、金彩を搔き落として梅の花を表現。すらりと枝が伸びる槍梅は梅の生命力をあらわしています。 ■手触り
ざっくりとした土味。人の手で形を出した形状は丸味と指筋を帯び、手に優しく、しっとりとなじみます。 ■黒と白のバランス
天目に白い萩釉をかけ分けた伝統的な色合いです。見こみにも美しい景色があります。 ■お好きな用途で
内側に画がないので、ご飯茶碗に、小鉢に、また剣山を置いて花を生けたり、いろいろに使ってみて下さい。 【オススメのご用途】
◎茶人へのプレゼント
◎海外へのお土産
◎初春を新年を祝う器
上の写真はクリックすると大きくなります。
◆商品番号 3299 抹茶碗 掛分光梅 考山
■寸法 直径12.3cm×高さ8cm 重さ200g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。

陶歴
奥村 考一
昭和8年6月13日生
昭和31年 京都工芸繊維大学窯業科卒
昭和33年 京都府立陶工職業訓練校卒
昭和34年 京都工芸繊維大学専修科卒
昭和39年 京都工芸繊維大学デザイン科助手
昭和43年 京都工芸繊維大学デザイン科退官
      炭山工芸村参加
平成5年  現在 陶芸作家として活躍中
      主に土味を生かした作品を作っている
取り扱い方法

手洗い    ○ 食洗機    ○ 乾燥機    ○ 電子レンジ × オーブン   × 直火     ×
posted by: sintyaku | 新着商品 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:05 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://sainyuka.jugem.jp/trackback/188
トラックバック